交通事故の治療

交通事故にあった際はすぐに受診し、症状に合わせた施術を受けることをおすすめします


当院では、交通事故によるむちうち・ねんざ・打撲・脱臼・骨折などの治療を行っております。

交通事故の後遺症は臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害(肩こりや腰痛など)を起こすことがあります。また、事故直後は興奮状態で感じなかった症状も、時間の経過と共に痛みが強くなるケースも多くみられます。このようなことがないよう、交通事故にあった際はすぐに受診し、症状に合わせた施術を受けることをおすすめします。当院では、事故の状況やケガの症状などを詳しくカウンセリングさせていただき、完治するまでの確実な治療を、お一人お一人の症状に合わせて効果的に行い、早期回復に努めます。

みくに整骨院の交通事故治療

交通事故にあってしまったら

1:事故現場で

まずは、必ず警察に届けてください。事故証明がないと自賠責保険も任意保険も適用できません。また、加害者の車検証、免許証を確認し、下記について控えておきます。

■加害者の氏名、住所と連絡先
■自動車の登録ナンバー
■自賠責証明書番号と保険会社名

さらに、事故現場の写真を撮っておくなど、状況を記録しておきましょう。

2:みくに整骨院に来院

交通事故の際は、症状が軽くてもすぐに受診しましょう。事故後、何日か経って症状が出てからでも治療は受けられますが、あまり時間が経過していると、交通事故との関係がはっきりしなくなります。また、どこの医療機関に掛かるかは、患者様の自由です。保険会社や加害者から強制されたり、制約を受けるものではありません。他の医療機関を受診してから、当院へ変更することも可能です。

3:保険会社へ連絡

電話で保険会社の担当者に、みくに整骨院での施術を希望することを伝えて下さい。他の医療機関から当院へ変更される場合は、保険会社に「みくに整骨院で治療を受けます。連絡先は072-735-7157です」と連絡するだけで、変更が可能です。患者様ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

4:カウンセリング

事故の状況やケガの症状などを詳しくカウンセリングしながら、適切な施術方法を決めていきます。


5:施術開始

患者様の症状に合わせて、早期完治を目指した確実な施術を行います。治療箇所に制限はありません。交通事故で負傷した全ての部位について治療を受けることができます。また、交通事故で負傷した症状が改善するまで、期間・回数に制限なく治療を受け続けることができます。保険会社から治療の中止を催促された場合でも、これは保険会社側の都合です。患者様は完治するまで治療を続けることができます。保険会社が強制的に治療、通院を中止させることは出来ません。

6:お会計

治療費のお支払は不要です。交通事故による負傷についての治療費は、最初から加害者加入の保険会社が支払います。自動車を所有している方ならば、必ず強制保険(自賠責保険)に入っています。また、診断書などの証明書を発行します。警察提出用の証明書や、傷害保険などの証明書も作成できますので、お気軽にお申し出ください。


自賠責保険について

自賠責保険とは(自動車損害賠償責任保険)

自賠責保険は、俗に「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクを運転する時に、法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険です。
自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険の2つがあります。 自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれています。この自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。 対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをいいます。つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。 偶然事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りするのを未然に防いだのが自賠責保険といえます。 以下が、自賠責保険の支払い限度額となっています。

  • 死亡・・・3,000万円
  • ケガ・・・ 120万円
  • 後遺障害・・・程度に応じて 75万円〜3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円

金額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありません。このように、自賠責保険は限度額があり、対人賠償だけの支払いですから、これだけでは十分な補償とはいえません。そこで、これを補うのが任意保険です。なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的で、これを”無過失責任”と呼んでいます。 簡単に言うと、ごく普通に自動車を運転していて何もミスがなかったとしても、相手がケガをした場合は賠償する必要があるということです。もちろん、被害者に100%過失があったときは別ですが、今までの事例で被害者に全ての過失があったと認められた事故は大変まれです。ですから、ほとんどの場合、加害者が賠償責任を負うことになります。

自賠責保険の特徴

自動車を運転中に他人をケガさせたり、死亡させたりした場合を補償(対人賠償)。物損事故は対象外。

○ 加害者が加入している損害保険会社等に、被害者が直接、保険金を請求できる。
○ 被害者が、当面の出費のために仮渡金(かりわたしきん)を請求できる。
○ 被害者1名ごとに支払限度額が決められていて、1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者1名あたりの支払限度額は変わらない。

自賠責保険に加入しなかったら…

自賠責保険は法律で義務付けられた保険なので、未加入の場合には罰則があります。また、加入していても、自賠責保険証明書を携帯していないだけで罰せられます。 (250cc以下のバイクは、ナンバープレートに自賠責保険のステッカーを貼らなければなりません)

※自賠責保険の罰則
未加入 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 免許停止処分(違反点数6点) 証明書不携帯 30万円以下の罰金

 

スポーツ障害について

当院では運動を続けながらの治療を積極的に推進します。
>詳しく見る

成長痛について

成長期にスポーツをする子供に多くみられる痛みです。
>詳しく見る

日常生活での悩み

日常生活の中で腰、腕、首、肩に痛みはございませんか?
>詳しく見る

交通事故の治療について

交通事故の際、どうしたらいいの?そんな疑問に答えます。
>詳しく見る