成長痛

成長痛とは?


オスグッド・シュラッター病(膝)、セバー病(かかと)などは、成長期のスポーツをしている子供に多くみられます。運動時に痛みが強く出る病気ではありますが、当院ではスポーツを休むことなく早期に回復させることが出来ます。お悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

 

子供のスポーツ開始年齢の低下・練習量の増加・休日の減少など発症増加

 

サッカー、野球、水泳、フィギュアスケート、ゴルフ…etc

日本人がスポーツでも世界に評価されている近年、子供のスポーツを開始する年齢の低下・練習量の増加・休日の減少などにより発症数が増加傾向にあるようです。子供は技術習得の早さや環境への順応性など高い可能性がありますが、その一方で同じ動作を繰り返す事や、長時間の運動には弱い性質があります。

特に成長軟骨が多い部分(膝、かかと)に、上記の負荷がかかる事で強い痛みを起こす確率が増加します。

 

スポーツ障害について

当院では運動を続けながらの治療を積極的に推進します。
>詳しく見る

成長痛について

成長期にスポーツをする子供に多くみられる痛みです。
>詳しく見る

日常生活での悩み

日常生活の中で腰、腕、首、肩に痛みはございませんか?
>詳しく見る

交通事故の治療について

交通事故の際、どうしたらいいの?そんな疑問に答えます。
>詳しく見る